美容、美白、メイク、エステ、パーマ

リラックス美人

キレイに美しくいたい人の常識です。正しい情報で、賢くキレイになりましょう。

リラックスして美人

アロマテラピー(aromatherapy)

 

アロマ(芳香)による療法です。

 

古代エジプトから植物の芳香は治療に役立てられてきました。精油の成分は粘膜を通して吸収され、脳の中心部に直接働きかけて心身をリラックスさせたり、活性化します。

 

芳香性の植物の花、葉、茎、根、実などから抽出した精油(エッセンシャルオイル)で心と体を癒します。現在日本で一般的なのはこのイギリススタイルのアロマテラピーです。

 

具体的には、精油を香炉で揮発させる、マッサージやバスオイルに用いる、パックや化粧水に配合するなどの方法を用います。

 

 

リフレクソロジー(reflexology)

 

足の裏には全身のツボが集中すると考えて、指や棒などで刺激することにより体のバランスを整える健康法です。例えば、足の指には頭部、かかとの部分には座骨周辺のツボがあるとされています。

 

リラックスや新陳代謝の促進、免疫力アップなど、さまざまな効果があるといわれます。中国やエジプトなどでは古代から足の裏を刺激する治療法が行われていました。

 

20世紀に入り、その効果が科学的にも証明され広く行われています。

 

反射区療法、ゾーンセラピーともいいます。

 

 

スパ(spa)

 

本来は、鉱泉、温泉の意味です。最近は主に、エステティックと、運動指導、食事療法による肥満解消のための施設を指します。

 

美容に重点がおかれているため、ビューティ・ファームとも呼ばれます。欧米では2〜3週間、スパに滞在して痩せる方法が人気を呼んでいます。

 

スパの機能をとりいれた医療機関としては、リウマチ、肥満などに悩む人々のためのクアハウス(Kurhaus 独)があり、日本でもすでに各地で普及しています。

 

クアハウスでは医師や専門家の指導が受けられ、高齢化社会を迎えた現在、関心が高まっています。

 

 

岩盤浴

 

温めた天然石の上に寝そべり、発汗を促して老廃物を排出する温浴法です。
「高温のサウナのような息苦しさがなく、じんわり気持ちよく汗がかける」と若い女性を中心に利用者を増やしています。

 

石から発生する遠赤外線やマイナスイオンなどが酸化を抑制し、美容や健康に効果があるといわれています。秋田県の玉川温泉などで古くから行われていましたが、2004年頃から都市部に専門店が急増しています。

 

 

 

リラックス美人内の記事


 
Copyright (C) 2010 美容ナビ 美容の常識 All Rights Reserved.